こんにちは。
虹の風学修館の高山です。

1月6日に浜松西高中等部の総合適性検査が行われました。

その問題の中に、12月に豊岡教室で行った理科実験教室とよく似た事柄が

出題されていました。(前回ブログの集合写真を参照ください。)

実験教室の中では型紙を何度か折り、『雪の結晶』を作ってみよう!という

のがテーマでした。

適正検査も、同じように紙を折り、その結果「線対称」の性質をどのように理

解できているかを問うものでした。


H30西中適性検査抜粋(線対称)
虹の風学修館では、
公式や用語の解説を中心とする講義形式の授業の枠を越え、

生徒自らがよく観察し、実際に手でさわりながら「学び合い」や

「グループワーク」を通して実際に体験して学習する

『アクティブラーニング』を取り入れています。

生徒たちが実際に体験することで、楽しく学べ、記憶にも残り

やすくなるからです。

虹の風学修館ではこれからも『アクティブラーニング』を通して、

「自ら学び、考える力=生きる力」をはぐくむお手伝いをしていきます。


豊岡教室/高山


※無料体験授業を随時行っております。お気軽にお問い合せください。