虹の風学修館 豊岡教室

幼児~中学生のための少人数制学習塾・虹の風学修館「豊岡教室」のブログです。
虹の風学修館HP(http://www.gakuki.co.jp/)
お問い合わせ先:053-412-1033(虹の風学修館直通ダイアル)

保護者のみなさん

「日本語」と「英語」

こんにちは、豊岡教室の丹所です。

皆さんは、日本語と英語ではどちらが難しいと思いますか?
多くの人は、普段使っていない英語のほうが難しいと感じるかと思います。
しかし、本当にそうでしょうか?

DSC_0008


先日、1年生で英語の授業を行った時に、このような話がありました。

A君「先生!『私は~』という主語の時に『 I 』を使いますけど、『僕は~』だと何を使いますか?」

講師「うーん、『 I 』だね」

B君「じゃあ、『俺は~』だと何ですか?」

講師「『 I 』だね」

A君「え?それなら『おいらは~』なら何になるの?(笑)」

講師「『 I 』」




自分を主語として表現するとき、英語では『 I 』を使います。しかし、日本語では『私、僕、あたし、おいら、俺、うち、おいどん、ぼくちん』などなど、いろいろあります。
一つのものを違う言葉で表現するということが、日本語には多く見られます。


他にも、「すみません」という言葉は、「ありがとう」という意味と、「ごめんなさい」という意味でも使われます。
英語で「すみません」は『Excuse me.』ですが、「ありがとう」は『Thank you.』、「ごめんなさい」は『I'm sorry.』です。
全く同じ言葉なのに、状況によって全く違う意味になってしまいます。


また、日本語にはひらがな、カタカナ、漢字の3種類があり、文字の数だけ言えば、アルファベットの26文字に比べると、その数はひらがなが46文字、カタカナが同じ46文字、日本の常用漢字は2136字もあります。

このように考えると、日本語の方が難しいのではないでしょうか?


私たちは英語より難しい日本語を生活の中で使っています。
普段、難しい日本語を使っているのですから、それよりも簡単な英語も使えるようになると思います。

たとえ今は英語が苦手だとしても、日本語が使えているのだから、英語もきっと使えるようになる。という気持ちを持って勉強ことが大事なのではないかと思います。


『意識する。』のコントロール

こんにちは、高柳です。

今日は意識の持つ効果について考えてみようと思います。

自分の身の周りにいる特定の人のことが『やたらと気になってしようがない。』という経験はありませんか。

その人の「言うこと」や「すること」が気になってイライラする。
好きな人のことばかり考えてしまう、などなど。

車の運転をしていて、後から来たクルマに抜かれて、追っかけようとしたり、
男性のドライバーだったら、そんな経験もあるかもしれませんね。


たとえは少し違うかもしれませんが、私にはこんな不思議な経験があります。

故障した自分の車を修理に出したときのことです。
借りた『代車』で街に出ると、代車と同じ型の車が急に増えたかのように、
1日に何度もすれ違ったり見かけたりするのです。

どうしてでしょうか?決して同じ型の車が増えたわけではないですよね。(笑)

それは自分が乗っている車を意識しているからだと思うのです。

節電シール


この経験から私は、『意識する。』についてこんな風に考えるようになりました。

自分の意識していることを少し変えるだけで、今まで見えていなかったものが見えてきたり、逆にあえて意識しないようにするだけで、他のことに意識を集中することができて、自分のペースを取り戻すことができるのではないでしょうか。

気が散るようでしたら自分の視界に入れないように、逆に意識したいのならば目に入るようにしておくと良いということですね。

ということは目標や大切なこと、覚えたいことは紙に書いてあちこちに貼っておくに限る、ということでしょうか。







興味関心のわく授業

こんにちは、文系担当の大石です。

 

先日の授業では、江戸時代の身分制度について取り
扱いました。

 

江戸時代の身分


江戸時代の身分は武士、百姓、町人(商人・職人)、
えた・ひにんなどで構成されており、中学校の授業で
は、それぞれの暮らしについて学びます。

しかし、授業の中では、えた・ひにんが幕府の政策上
の理由で差別身分におかれたこと、その政策が幕府に
とっては効率がよかったことなども含めて、教科書に
ないことまで話題に出しました。
えた・ひにんの話は、部落差別として3年生の公民で
扱われますが、そのときに差別が不当なものであると
いう印象を持ってほしいと考えたからです。

特に、えた・ひにんが幕府の刑の執行のための雑用な
どを受け持っていた話などは刑の話と合わせて、生徒
たちは興味を惹かれたようでした。

 

歴史のテストでは、こういった話は出てくることはあ
まりありません。

しかし、生徒たちの歴史への興味・関心の入り口として
は、必要な話だと思います。

今回のような、教科書の内容からほんの少し離れたと
ころに、歴史を好きになるきっかけがあると思うので
す。

 

今後の授業でも、そのようなきっかけをたくさん用意
しながら、社会という科目を好きになってもらえるよ
うに努めていきたいと思います。

夏休み明け

こんにちは。
豊岡教室 ヒョウドウです。

長い長い夏休みが終わり2学期がはじまりました。
久しぶりに学校に行って、ぐったりしている小中学生も多いのではないでしょうか。

今、もっとも大切なことは『生活リズムを整えること』でしょう。

学校の授業をしっかりと受けるためにも、
自分自身のライフスタイルを作っていくことはとても重要なことです。

朝早く起きて、すっきりとした頭で授業に臨みましょう!

虹の風学修館 学習計画表サンプル
学習計画表サンプル




模擬試験はこう使う

こんにちは。
豊岡教室の高柳です。
今回は模擬試験の個人別成績表についてお話します。


模試個人成績表


模擬試験が終わると採点された解答用紙と一緒に個人成績表

(通称:個表)というものが返ってきます。

偏差値がいくつないと〇〇高校に行けないとか、偏差値が5ポ

イント上がったとか言ったことがよく言われます。

私はどちらかというと、偏差値は大まかに考えてほしいと思います。

というのも同じ実力でも偏差値は5ポイント程度は上下しますし、何

より静岡県の入学試験のシステムでは、3年生の内申点が幅を利か

せているからです。

各科目の得点よりも、それぞれの科目どの単元ができていて、どの

単元に課題があるのか
をよく見てほしいと思います。

もっと言えばどういう問題で、どういう理由でミスが出たのかを深く考え

てみること
大切です。

成績のよい生徒ほどミスが少ないことが言えます。スポーツで考えても同

じことが言えますね。

日頃から教科書の考え方を大切にし、基本に従った学習がものを言うこと

は間違いないと思います。





スマホとの付き合い方から学ぶこと

みなさん、こんにちは、豊岡教室の丹所です。
今、このブログをどのような方法でご覧になっているでしょうか。
スマホやタブレット、パソコンなどいくつかの方法があるかと思います。
こうしたブログを気軽にのぞけるという点では、多くの人がスマホを使っているのではないかと思います。

今の時代には、スマホは欠かせない道具の一つとなっていると思います。
スマホを使うのは大人だけではありません。高校生や中学生、早ければ小学生のうちから持っているという場合もあると思います。
便利ではありますが、危険も多くあるため、子どもに与える際には、使用に関するルールを決めたり、危険なサイトに行かないようにフィルタリングをかけるなど、工夫を行っていることもあるかと思います。

どんなものも良い面、悪い面があります。
その両面を知り、特に悪い面から子どもを守るためには、正しい知識を得ることが必要です。つまり、スマホのことを我々大人が勉強しなければいけないということだと思います。




スマホ


今の子どもたちは新しい道具にはとても関心があるようです。



私についていうと、危険性は理解していますが、スマホに関する知識はまだまだ足りないと感じています。

一方で、知識が足りないと感じることは、新しいことを学ぶ機会だと考えています。また、知らないことを知る喜びは勉強の1つの醍醐味だと思います。

生徒たちに勉強を教える立場として、進んで学ぶ姿勢を見せていきたいと思います。

新学習指導要領

こんにちは。

豊岡教室の高柳です。



公立高校の入学試験が目前に迫ってきましたね。

磐周地区は各中学校の志願調整がされているのか、
ほとんどの高校の倍率は例年通り、ほぼ1倍。

2、3の高校で定員割れ、と大きな波は立っていません。

新聞記事(学習指導要領)

さて、話は本題に入ります。
この新聞記事によれば2020年度から小学校の英語教育が前倒
しされ、小5、小6の教科として『英語』が新たに加わるということですね。
したがって成績表にも英語の評価が加わるというわけです。

中学校の授業は原則として、すべて英語で授業が行
われるとのことです。

少しでも早いうちに英語に触れる機会が増えることで、英語嫌いが減ることを期待してしまいます。

今回はどうして英語教育を早めるのか考えてみました。

 英語教育の目的の中には、英語を通じて異なる文化に触れ、も
のの考え方や生活習慣の違いを受け入れ、相互に理解することが
含まれていると思います。

P1020987


『have』という単語を取り上げてみましょう。

日本語で『犬を飼っている。』は英語で『Ihave a dog.』と
なります。

have』は『今、手に持っている』という意味のほかに、

『自宅に所有している』や
『〇〇する時間がある』や

『〇〇した経験がある』などのときにも、『have』を

使います。

日本語の『見る』という単語がありますが、英語では人と会うときは
『see』を、テレビを見るときは『watch』、物を探すときは『look』を
使いますね。

1つの英単語にいろいろな意味があったり、1つの日本語が英語に
なると細かく使い分けをしたり・・・。

こんなところにも英語と日本語の考え方に違いを感じることができます。

異文化体験の1つとしてとして中学生が英語をしゃべることは、小学生と比べると、少しハードルが高くなるかもしれませんね。

虹の風学修館では現在中学生のすべてのクラスで、月に1回外国人講師を招いて、30分ほど英語による授業を行っています。

外国人(ネイティヴ)の言っていることが分かったり、がんばって話した英語が相手に通じたりすると、なぜだかうれしい気持ちになったり、達成観を味わえたりしますよね。

そういった経験ができるよう、英語教育を考えていきたいと思います。


中学までに身につけたいこと

こんにちは。豊岡教室の高柳です。

今回は日頃生徒たちの定期試験を指導していて感じていることを書いてみました。

テストの成績を良くするには、あるいは内申点を上げるためには、
何をしたらよいのか?

本人の持っているチカラをどうやって表に出せばよいのか?

そのためにするべき、いくつかの注意点があります。

ポイントは3つです。

①学校でやる授業の前に予習ができているか
(学校の授業を前向きに、興味を持って参加できているか)。

毎日、きちんと宿題を終えて期日までに提出しているか。
(授業内容の理解、家庭学習の習慣化、約束を守る姿勢)

③定期試験の2週間前には科目ごとに学習計画を立て、ワーク類を解くのはもとより、試験の数日前にはノートや教科書のまとめの時間をとれているか。
(ワークは提出の義務があるのですが、ノートまとめは自ら学ぼうととする気持ちを育てます。)

①~③についてもう少し詳しく説明していきますね。

①授業の前に短時間でよいので教科書を読み、これから新しく習う 
  内容で、すでに知っていることと知らないことが分類できている。
できれば疑問(課題)を持って授業に参加すること。すると授業態度も自然と良くなり、成績表の評価も上がる傾向にあります。

②学校の授業が正しく理解できていて、家庭での学習習慣をつけていけば、問題を解くこと自体は難しいことではありません。

③これは②と重なりますが、学習習慣の第1歩くは『計画をしっかりたてること』、
次に『計画通りにできているかチェックすること』です。

自分でチェックするよりも、だれかにチェックをしてもらえる環境をつくることが大切です。立てた計画は状況に合わせてどんどん変更していきましょう。

私の経験上、ほとんどの生徒たちが立てた計画よりも早く問題を解いてしまいます。

そのあとは自分なりのやり方で、ノートや教科書の内容をまとめることと、問題の解き直しができれば、平均点~40点前半くらいの得点は十分目指せると思います。プラス授業態度が良ければ主要5科目の内申点は4~5が見えてくると思います。






エコライフのアンケート結果第3弾

こんにちは。虹の風学修館の高柳です。

『食品ロス』や『環境問題』に関するアンケートの集計結果第3弾をについてお知らせします。

アンケートをお願いした保護者28名の皆さんの結果を集計し、11のアンケート項目のうち、
8番~11番の項目についてお知らせします。


8、食品流通業界にある『3分の1ルール』という言葉を聞いたことはありますか。

  ①聞いたことがない      25     ②聞いたことはあるが
                             意味は知らない      2

  ③どういうことか知っている  1


9、 『フードバンク』という言葉を聞いたことはありますか。

  ①聞いたことがない   6     ②聞いたことはあるが
                         意味は知らない      18

  ③どういうことか知っている  


10、 『間伐材(かんばつざい)』という言葉を聞いたことはありますか。

  ①聞いたことがない      16     ②聞いたことはあるが
                             意味は知らない      9

  ③どういうことか知っている  3



11、間伐材(主にヒノキ)を使った文房具やお箸など、エコ商品に興味がある。

  ①興味がある      16     ②あまり興味はない      11
                         

  ③すでに持っている   1 


 ※まとめ   
 『食品ロス』とか『フードバンク』という言葉がテレビでも時々見かけるようになりました。

 まだ食べられるのに廃棄される物から、消費期限切れのものまで含めると、

日本だけでも、毎日一人あたりおにぎり2個分の食品が廃棄されているそうです。

『3分の1ルール』というのは、食品流通業界の慣習で、売れ残りを防ぐとか、常に新鮮な商品を置くためなのか、消費期限に達する何日か前には、店頭に卸した商品の3分の1は陳列棚から引き上げてしまうのだそうです。

実にもったいないことです。

廃棄される食品を少しでも減らすために、ある宴会場では一時歓談を止めて食事をする時間帯をつくったり、お持ち帰りの容器を配布するなどして食べ残しを減らす取組みをしているそうです。

食品に限らず、衣服をはじめとする日常生活用品の中にもデザインが古いからなどの理由で、クローゼットや靴箱、倉庫の中に眠っているものがたくさんあると思います。

工夫して、無駄の少ない生活を目指したいものですね。


 




エコライフのアンケート結果第2弾

こんにちは。虹の風学修館の高柳です。

『食品ロス』や『環境問題』に関するアンケーとの集計結果第2弾をについてお知らせします。

アンケートをお願いした保護者28名の皆さんの結果を集計し、12のアンケート項目のうち、
4~7の項目についてお知らせします。

食品アンケート②


4、新鮮な食品を見分けるコツがありましたら教えてください。

 キュウリ  :イボがチクチクしているもの    魚        :目が濁っていないもの

 イカ         :皮が黒くて光っているもの     刺身            :水っぽくないもの

 肉           :ドリップが少ないもの        野菜            :色や張り具合、音、ピンとしているか

 ナス        :へたがチクチクしているもの    ニンジン       :切り口が黒ずんでいないもの

 レタス     :軽いもの                ホウレンソウ :根が赤いもの

 キャベツ :芯が白くてみずみずしいもの    シイタケ       :かさの裏が白いもの 

 卵           :表面がザラザラしているもの

5、自分は、食材は無駄にしないようにしている、と思いますか。

  ①無駄にするほうだ   6     ②あまり出さないと思っている   18

  ③ほとんど出さない   3      ④無回答 1

6、意識して地元でとれる野菜や果物などを購入(入手)していますか。

  ①意識しては購入していない  6  
 
  ②意識しているがたまに購入する程度  10

  ③意識して積極的に購入している   9

7、ご自宅(ご自身)で育てている野菜などがありましたらお書きください。

  第1位  ナス           10

  第2位  (ミニ)トマト       9


  第3位  キュウリ         8

  第4位  ピーマン         6

  第5位  ジャガイモ・玉ネギ・オクラ    各3

  第7位  ネギ・ニンジン・カボチャ      各2

  第8位  ゴーヤ、スイカ、シソ、オクラ、モロヘイヤ、ハクサイ、枝豆、キウイ、柿、イチジク
        シシトウ、ブルーベリー、インゲン、スイカ、ゴーヤ   各1

 ※まとめ   
  新鮮な食品の見分け方には知らなかったこともいろいろあって、男のわたしは大いに参考
  になりました。
  『食材を無駄にする方だ』と回答くださった6名の保護者のみなさん、答えにくい問いかけ
  に、ご協力ありがとうございました。
   自家栽培をされているご家庭が18(約64%)と多く、意外に感じました。栽培している果
  物や野菜も種類が豊富で、成長を観察したり、収穫して、食卓に上がることで、毎日が豊
  になるなぁと思いました。

  次回は8~12の『食品流通』や『間伐材』についてのアンケート結果についてお知らせしま
  す。
ギャラリー
  • 理科実験教室が西中入試に!?
  • 12月理科実験教室
  • 12月理科実験教室
  • 12月理科実験教室
  • 「最古の科学」
  • 自動車運転トラブルに学ぶ
  • 「日本語」と「英語」
  • キモチのチカラ
豊岡教室アクセスマップ
所在地:磐田市下神増1132-1-102

より大きな地図で 【虹の風学修館】教室一覧 を表示
虹の風学修館HP 新着情報
  • ライブドアブログ