虹の風学修館 豊岡教室

幼児~中学生のための少人数制学習塾・虹の風学修館「豊岡教室」のブログです。
虹の風学修館HP(http://www.gakuki.co.jp/)
お問い合わせ先:053-412-1033(虹の風学修館直通ダイアル)

お知らせ

理科実験教室が西中入試に!?

こんにちは。
虹の風学修館の高山です。

1月6日に浜松西高中等部の総合適性検査が行われました。

その問題の中に、12月に豊岡教室で行った理科実験教室とよく似た事柄が

出題されていました。(前回ブログの集合写真を参照ください。)

実験教室の中では型紙を何度か折り、『雪の結晶』を作ってみよう!という

のがテーマでした。

適正検査も、同じように紙を折り、その結果「線対称」の性質をどのように理

解できているかを問うものでした。


H30西中適性検査抜粋(線対称)
虹の風学修館では、
公式や用語の解説を中心とする講義形式の授業の枠を越え、

生徒自らがよく観察し、実際に手でさわりながら「学び合い」や

「グループワーク」を通して実際に体験して学習する

『アクティブラーニング』を取り入れています。

生徒たちが実際に体験することで、楽しく学べ、記憶にも残り

やすくなるからです。

虹の風学修館ではこれからも『アクティブラーニング』を通して、

「自ら学び、考える力=生きる力」をはぐくむお手伝いをしていきます。


豊岡教室/高山


※無料体験授業を随時行っております。お気軽にお問い合せください。

模擬試験はこう使う

こんにちは。
豊岡教室の高柳です。
今回は模擬試験の個人別成績表についてお話します。


模試個人成績表


模擬試験が終わると採点された解答用紙と一緒に個人成績表

(通称:個表)というものが返ってきます。

偏差値がいくつないと〇〇高校に行けないとか、偏差値が5ポ

イント上がったとか言ったことがよく言われます。

私はどちらかというと、偏差値は大まかに考えてほしいと思います。

というのも同じ実力でも偏差値は5ポイント程度は上下しますし、何

より静岡県の入学試験のシステムでは、3年生の内申点が幅を利か

せているからです。

各科目の得点よりも、それぞれの科目どの単元ができていて、どの

単元に課題があるのか
をよく見てほしいと思います。

もっと言えばどういう問題で、どういう理由でミスが出たのかを深く考え

てみること
大切です。

成績のよい生徒ほどミスが少ないことが言えます。スポーツで考えても同

じことが言えますね。

日頃から教科書の考え方を大切にし、基本に従った学習がものを言うこと

は間違いないと思います。





夏休みに取り組むこと

こんにちは、豊岡教室の丹所です。

皆さんは夏休みをどのように過ごしていたでしょうか?
遊びを優先して、最後まで夏休みの課題を溜めてしまった人、むしろ先に課題を終わらせて、それ以降おもいっきり遊んでいた人など、様々だと思います。

しかし、夏休みは決められた課題をやって終わりではいけません。夏休みには今までの習ったことの復習をする必要があります。夏休みのような時間を多く取れるときは、復習を行うのに最適な期間です。

夏休みの課題は復習が多いので、課題を終えたあとには自分の出来ていないところを見つけることができます。この自分の出来ていないところを復習する必要があります。


特に中3生は9月と12月に県学力診断調査(学調)が控えています。そのため、夏休みに今までに習ったことを思い出し、忘れていたら、再び学び直すことを行わなければいけません。

現在、虹の風学修館の中3生は夏期講座を行っています。

それぞれの生徒が自分の課題と向き合い、懸命に取り組んでいます。

DSC_0005

DSC_0004


夏休みには、今までの中で足りなかった勉強をしていくことが大事だと考えています。

中学2年生


こんにちは。

今年度から豊岡教室中2Pクラスを担当することになりました『兵藤』です。
thumbnail_DSC_0002
 

楽しく勉強できる授業を目指して取り組んでいきます。

よろしくお願いいたします。

 

さて、今回は『中学2年生』という1年間はどのような1年か、について考えてみたいと思います。

 

中学2年生ともなれば中学校にも慣れて中だるみといわれる時期です。

そういわれるには様々な要因が考えられます。

 

第1に、学校に慣れてくることで、手を抜いていいところが分かってくることが挙げられます。ある先生はコワイからしっかりやらなくてはいけない、また、ある先生は宿題をやらなくても何も言わないからやらなくてもいい、などなど…。

いろいろなことが分かってくることにより、楽な選択肢が増えていってしまうこともあるでしょう。(ある意味成長なのかもしれませんが)

 

第2に、勉強以外の楽しいこと、異性への興味が高まる歳でもあります。これに関してはかっこいいところ見せたいからと、いい方向に向かうこともたまにあるのですが、携帯が普及した現代では家にいるときのかなりの時間を使ってしまうのは当然のことと言わざるを得ないと思います。

 

第3に、部活動です。7月で3年生が引退し、部活動の中では中心となる学年になります。一部の中学生にとっては部活動が優先順位1番目にくることも多いと思います。自分たちの代でなんとかいい成績を残そうと思い、そこに多くの時間を費やすこともよく理解できます。

 

ぱっと思いついたことを簡単にあげてみましたが、いろいろ勉強面でつまづくポイントがありますね。

 

この1年を上手に過ごすことが高校受験につながる大切なことです。

では、上手に過ごすには何が必要か。
…それは、結局のところ、本人の意志に他なりません。
中学生本人が勉強にも、部活動にも、恋愛にも、一生懸命取り組んでいく気持ちを持つことが大切です。 

 

わたしたち講師は、中学生ががんばれる環境を整えることしかできません。(スケジュール管理、メンタルのケア、もちろん勉強面など)
彼らが精いっぱい中学校生活を送れるように力を尽くしていきたいと思います。

試験の迎え方

こんにちは。虹の風の高柳です。

試験といえば、9月2日(金)に県下一斉の『学力調査』(通称:学調 がくちょう)が行われたばかりです。
思うように得点が取れた生徒、頑張って準備したのに結果がそれほど伸びなかった生徒。
いろいろだと思います。

さて、中学生が受ける試験は主に中学校で行う定期(中間、期末、学年末)試験と学調の2つでしょうか。他には学校独自で行う実力テストや小テスト、塾に通っていれば、塾が行う実力テストがあります。

テストというと、ほとんどの生徒が『いやだな~』とか、『また~』など、否定的な声が返ってきます。
これが部活動の試合だったらどうでしょう。全員が否定的な反応を示すでしょうか?

生徒の中には『一生懸命練習した成果を出したい』とか『今度は負けないぞ』とか、前向きにとらえる子供たちもいると思うのです。

私が考えるには、試験で結果を出すほうがよほどやさしいと思うのですが、いかがでしょうか。

そう思う一番の理由は『試験の範囲と日程があらかじめ決まっている』からです。

つまり十分に時間をかけて対策を練り、準備することができるからです。

ところが、部活の試合となると生徒自身が試合の相手を選ぶことはありませんし、急に試合が組まれることも珍しくありません。
ときには対戦相手やくじ運に恵まれなかったりすることもあります。


テストはどうでしょう。

くじ運とかはありませんし、天候にも左右されません。条件はほぼ全員が同じと言えます。
差がつくとすれば、体調管理と事前の準備と言ってもよいでしょう。


豊岡教室ブログ写真(目標設定シート)

虹の風学修館では定期試験の3週間前から試験対策授業が始まります。

今までのテストの反省点を確認し、うまくいっていることはそのまま続け、失敗したことは
なぜうまく行かなかったのか考え、同じ失敗をしないようにするには何をどのように変え
ていけばよいのか、を考えながら、テストの目標設定をします。

目標の設定ラインは『がんばれば届く(得点)』です。

簡単すぎても、難しすぎてもいけません。『がんばれば届く』ことが大切です。















イベント「CO2の不思議」

こんにちは。豊岡教室では、12月5日に理科実験教室を行いました。

内容は『CO2の不思議』というもので、目には見えない気体を実際に感じてもらうというものでした。
最初にCO2とは何かについて学びました。

まずは性質です。酸性・中性・アルカリ性について、リトマス紙を使って調べてみました。
CO2の代わりに同じ性質の炭酸水を使って、性質を調べました。
青いリトマス紙が赤に変わりました。また、赤いリトマス紙は変わらず赤のままです。つまり、酸性。

さらに映像を見て、CO2は他の窒素やヘリウム、空気などの気体に比べて重く、その重さは空気の1.8倍ということも学びました。

そして、おまちかねのCO2を使ってのホットケーキ作りです。

皆さんはホットケーキを作ったことがありますか?

今回使うのは小麦を水で溶いたものと重曹を混ぜたものです。
P1030188
しっかりと混ぜることが大切です。


これをホットプレートで焼いていくと・・・・・・・

P1030191
泡が立ってきました。これがCO2の正体です!


ちなみに
P1030194
重曹を入れないとほとんど泡が出ません。重曹からCO2が出ているということなんですね


味の方はどうかな?
えrgれP1030196

重曹を入れただけではホットケーキにはなりませんので注意してください。
子供たちにとってはそれなりに美味しかったようですが、このままだとパサパサして美味しくはないので、ホットケーキミックスなどを使いましょう。

あsdfP1030222

最後には、ちゃんとしたホットケーキもつくり、みんなで食べました。
P1030234P1030209
出来たてはおいしい!!



CO2は日常の生活の中にあるものですが、こうして触れることはほとんどないと思います。
身近なことを題材にして、多くのことを学んでいって欲しいと思います。
 
豊岡教室 丹所 

イベント「理科実験教室」

こんにちは。豊岡教室では、7月18日に理科実験教室を行いました。

内容は『塩と氷を使ってシャーベットを作ろう』というものでした。

氷に塩を混ぜることでマイナス10℃前後になるため、その性質を利用して、シャーベットを作ります。

シャーベットをつくる前に氷に塩をかけ、本当に0℃以下になるかどうかを実験しました。生徒たちは、目の前の温度計の数字がどんどん下がっていく様子を興味深く見ていました。


続いて、シャーベット作りの前に、今回は英語講師のクリスにも来てもらっていたので、七夕に関する言葉を英語で紹介してもらいました。

 P1030173
※クリスの英語を聞いている生徒たち

普段聞きなれない英語に始めは戸惑っていたものの、聞いているうちに徐々に慣れ 、最後は習った英語でゲームを行い、とても盛り上がりました。


クリスの英語の授業の後には、お待ちかねのシャーベット作りです。

ふたができるガラス瓶に塩と氷を入れ、そこにビニール袋に入ったジュースを入れものを入れて、かき混ぜます。

5~10分ほど振ると、シャーベットの出来上がりです。

自家製のシャーベットはとても冷たく、良い出来になりました。


こうした経験を通して、多くのことへの興味を持って欲しいと思います。
 
豊岡教室 丹所 
ギャラリー
  • 虹の風学習館ブログ(にじなび)のご案内
  • 理科実験教室が西中入試に!?
  • 12月理科実験教室
  • 12月理科実験教室
  • 12月理科実験教室
  • 「最古の科学」
  • 自動車運転トラブルに学ぶ
  • 「日本語」と「英語」
豊岡教室アクセスマップ
所在地:磐田市下神増1132-1-102

より大きな地図で 【虹の風学修館】教室一覧 を表示
虹の風学修館HP 新着情報
  • ライブドアブログ