虹の風学修館 豊岡教室

幼児~中学生のための少人数制学習塾・虹の風学修館「豊岡教室」のブログです。
虹の風学修館HP(http://www.gakuki.co.jp/)
お問い合わせ先:053-412-1033(虹の風学修館直通ダイアル)

中学生クラス

「最古の科学」

季節は晩秋に入り、めっきり寒くなりました。
寒さにめっぽう弱い私には厳しい季節がやってきました。

現在、豊岡教室の中学3年生は、理科の授業で「運動とエネルギー」を学んでいます。その後、「地球と宇宙」の単元に入ることになります。この2つの単元は大いに関連があります。

今から400年ほど前に存在したガリレオとニュートンという人物の名前は、教科書の「力」や「物体の運動」を扱う章では必ず目にします。自由落下の項では、ガリレオの物体の落下実験が紹介されています。また、ニュートンは力学の体系を確立した偉大な科学者で、力の大きさを表す単位の名にもなっています。
この2人は宇宙を研究する天文学者でもありました。

私個人としては、天文学は、その時代の極めて優秀な学者によって、最新の科学と最先端の観測装置を駆使し、私たち人類の足ではたどり着くことさえ不可能なはるか遠くの宇宙をも観測・研究する、素晴らしい学問だと思います。

ガリレオが地動説を主張する本を書いて、宗教裁判にかけられた話は有名です。当時は天動説こそが正しく、教会の教えに逆らう地動説はとうてい受け入れられませんでした。彼の唱える地動説は強制的に破棄されることになりましたが、「それでも地球は(太陽のまわりを)回っている」と言ったとされています。その後、ニュートンが万有引力の法則を発見して、地動説が正しいことを決定的なものにしました。(ちなみに、ガリレオの裁判の350年後の1992年に、ローマ教皇が、地動説を撤回させた裁判が間違いであったことを認め、公式に謝罪したそうです。)

このガリレオやニュートンの時代の遙か昔、5000年前にはエジプトでは約365日ごとにナイル川が規則的に氾濫(はんらん)することに気が付いていたと言われています。また同じ季節に、東の空からシリウス星が昇り始めることも知っていたそうです。この間に新月が12回あることから1年を12ヶ月とし、1ヶ月分を30日と等配分したために、残った5日分を最後の月に付け加えました。これを太陽暦と言い、現在私たちが使っているカレンダー(暦)の原型になったそうです。
つまり、日常私たちが用いている時間の区切り(一日、一月、一年)は、太陽や月の運動から得られたというわけです。

こうして、人々の生活に役立てようと暦や時間の区切りが作られたのですが、それは、教科書の「地球と宇宙」の章でも扱う、太陽や月の動き、惑星の運動、星の見える位置や時間など、大昔から行われてきた観測が基礎になっています。
このことから、天文学は「最古の科学」と言われています。そして、現代における最高の頭脳集団によって研究されている「最新の科学」でもあるわけです。

そう考えると、中学3年生の2学期から3学期にかけて学ぶ「運動とエネルギー」と「地球と宇宙」の単元は中学校理科の勉強の締めくくりにふさわしい魅力的な内容だと私は思います。

ところで、前述のシリウス星は(太陽を除けば)地球上から見える最も明るい恒星です。冬の大三角形を構成する星の中でも、ひときわ輝きをはなって見えます。

     グラフィックス2
         
シリウスとプロキオンとベテルギウスの3つの頂点を結んだ三角形が冬の大三角形


冒頭で、私には厳しい季節がやってきたと書きましたが、冬は一年でいちばん星がきれいに見えるシーズンで、冬の大三角形が楽しめるのは、まさにこれからの季節です。


豊岡教室 横井

「日本語」と「英語」

こんにちは、豊岡教室の丹所です。

皆さんは、日本語と英語ではどちらが難しいと思いますか?
多くの人は、普段使っていない英語のほうが難しいと感じるかと思います。
しかし、本当にそうでしょうか?

DSC_0008


先日、1年生で英語の授業を行った時に、このような話がありました。

A君「先生!『私は~』という主語の時に『 I 』を使いますけど、『僕は~』だと何を使いますか?」

講師「うーん、『 I 』だね」

B君「じゃあ、『俺は~』だと何ですか?」

講師「『 I 』だね」

A君「え?それなら『おいらは~』なら何になるの?(笑)」

講師「『 I 』」




自分を主語として表現するとき、英語では『 I 』を使います。しかし、日本語では『私、僕、あたし、おいら、俺、うち、おいどん、ぼくちん』などなど、いろいろあります。
一つのものを違う言葉で表現するということが、日本語には多く見られます。


他にも、「すみません」という言葉は、「ありがとう」という意味と、「ごめんなさい」という意味でも使われます。
英語で「すみません」は『Excuse me.』ですが、「ありがとう」は『Thank you.』、「ごめんなさい」は『I'm sorry.』です。
全く同じ言葉なのに、状況によって全く違う意味になってしまいます。


また、日本語にはひらがな、カタカナ、漢字の3種類があり、文字の数だけ言えば、アルファベットの26文字に比べると、その数はひらがなが46文字、カタカナが同じ46文字、日本の常用漢字は2136字もあります。

このように考えると、日本語の方が難しいのではないでしょうか?


私たちは英語より難しい日本語を生活の中で使っています。
普段、難しい日本語を使っているのですから、それよりも簡単な英語も使えるようになると思います。

たとえ今は英語が苦手だとしても、日本語が使えているのだから、英語もきっと使えるようになる。という気持ちを持って勉強ことが大事なのではないかと思います。


キモチのチカラ


こんにちは。
豊岡教室担当の兵藤です。

豊岡中学校の2学期中間テストが終わり、結果が返却されました。

満足できる結果が出た人、出なかった人。
それぞれの立場でテスト反省を行いました。

今の世の中では、他者と比べて自分はどうかと考えがちです。
(結果が悪くても「友達の〇〇は何点だったからまだ大丈夫」などなど)
入試そのものが他の受検者よりも上位にならないと合格できないのですから、
そのような考えになっても無理はありませんが・・・。

虹の風学修館では、
『自分がテストに向けて何を行い、自分にとってどのような結果だったのか。』
このことをしっかり反省してもらいたいと思っています。

計画通りに満足のいく学習はできたのか。
自分に甘くなった部分はなかったか。

結果だけを見て、その子を判断しないように、日常の学習や学校授業の様子
などを確認して、声をかけることを意識しています。

20171012_153745
 

テストは良い結果が出ても、悪い結果になってしまっても、
前向きな学習の姿勢を身につける良い機会です。

生徒自身、『自分が成長するための勉強をする』という前向きなキモチを持って、
中学校生活をおくっていけるようになると飛躍的な成長が期待できます。

私はその手伝いをしていけたらいいなと思います


興味関心のわく授業

こんにちは、文系担当の大石です。

 

先日の授業では、江戸時代の身分制度について取り
扱いました。

 

江戸時代の身分


江戸時代の身分は武士、百姓、町人(商人・職人)、
えた・ひにんなどで構成されており、中学校の授業で
は、それぞれの暮らしについて学びます。

しかし、授業の中では、えた・ひにんが幕府の政策上
の理由で差別身分におかれたこと、その政策が幕府に
とっては効率がよかったことなども含めて、教科書に
ないことまで話題に出しました。
えた・ひにんの話は、部落差別として3年生の公民で
扱われますが、そのときに差別が不当なものであると
いう印象を持ってほしいと考えたからです。

特に、えた・ひにんが幕府の刑の執行のための雑用な
どを受け持っていた話などは刑の話と合わせて、生徒
たちは興味を惹かれたようでした。

 

歴史のテストでは、こういった話は出てくることはあ
まりありません。

しかし、生徒たちの歴史への興味・関心の入り口として
は、必要な話だと思います。

今回のような、教科書の内容からほんの少し離れたと
ころに、歴史を好きになるきっかけがあると思うので
す。

 

今後の授業でも、そのようなきっかけをたくさん用意
しながら、社会という科目を好きになってもらえるよ
うに努めていきたいと思います。

“とりあえず始めてみる”の効果

夏休みが終わって、半月以上が経ちました。学校では通常の授業が始まっていて、そろそろ小中学生の生活リズムも戻ってきたのではないでしょうか。授業に積極的に参加して、宿題を期限までに提出することはもちろん重要です。

しかし、学校の授業や(塾に通っているなら)塾での授業、出された宿題をこなすだけでは、学習時間が十分であるとは言えません。やはり家で勉強をする時間がどうしても必要でしょう。

 

ところが、家では、なかなか勉強モードに入れない人が多いのではないでしょうか。学校や塾では、開始時刻になればいやおうなしに授業が始まります。一方、家では自主的に勉強をしなければ、学習時間は確保できません。でも家は、実に誘惑が多い環境です。テレビやゲーム、スマートフォン、マンガ、ネットサーフィン・・・etc. こういった誘惑に毎回毎回打ち勝って、学習時間を確保することは難しいと思います。
 私自身も偉そうなことは言えず、資格試験(知財技能士)に申し込んだにもかかわらず、こういった誘惑に毎回毎回打ち負けて、試験直前までぜんぜん勉強に身が入らなかったという経験があります。


 

そこでオススメしたいのは、ひとまず誘惑する物を遠ざけて、「とりあえず机に向かって勉強を始めてみる」ということです。なんともばかばかしい提案に思えるかもしれませんが、これは意外に効果があります。
とにかくテキストや教科書を開いて勉強を始めてしまえば、やる気になってがんばれる場合が多いのです。

たいして興味が無かった小説(やマンガ)でも、とりあえず数ページ読んでみたら、一気に最後まで読み終えてしまったという経験は無いですか?

そういう作用を心理学の分野では「作業興奮」と呼ぶそうです。

私は心理学のことは全く分かりませんが、前述の資格試験に関しては、ギリギリになって「とにかくテキストを開いて3分だけ勉強してみよう。」という作戦で気分をのせて、最終的にはなんとか合格しました。
さすがに入学試験のような大きな試験では、試験直前になってやっていたのでは間に合わないと思いますが。

とりあえず始めてみる



 虹の風学修館の中学生一般クラスでは、日頃から
塾生自身に学習計画表を書いてもらって、計画的に勉強を進めるようにアドバイスしています。

また、学校によっては、定期テストの二週間前くらいからテスト勉強計画表のような用紙を配っているところもあります。

とりあえず、その紙を見るところから始めてみるのもいいかもしれません。


 

 今度、どうにも気分が乗らないなあというときに、
まずは“とりあえず始めてみる”をやってみてはいかがですか。

それでも気分が乗らないようなら、いったんやめればよいのですから、試してみて損は無いと思います。


豊岡教室 横井

夏休み明け

こんにちは。
豊岡教室 ヒョウドウです。

長い長い夏休みが終わり2学期がはじまりました。
久しぶりに学校に行って、ぐったりしている小中学生も多いのではないでしょうか。

今、もっとも大切なことは『生活リズムを整えること』でしょう。

学校の授業をしっかりと受けるためにも、
自分自身のライフスタイルを作っていくことはとても重要なことです。

朝早く起きて、すっきりとした頭で授業に臨みましょう!

虹の風学修館 学習計画表サンプル
学習計画表サンプル




ノートまとめの大切なポイント

こんにちは、文系担当の大石です。

先日は社会のノートまとめを授業の中で行いました。

 

みなさんは、何のためにノートまとめを行いますか?

それは、単純に話せば「自分だけの参考書をつくるため」となります。

参考書とは、一般的には教科書ガイドのように、教科書の重要箇所を説明したり、まとめたりしてくれている本のことです。これをしっかり覚えることは、テストでの高得点に結びつくかと思います。

 

DSC_0178





それでは、なぜ「自分だけの」参考書をつくる必要があるのでしょうか。

それは、一般で売られている参考書では、情報の過多や不足があるからです

覚えなくてもよい、あるいは地図上にて場所さえ覚えればよい内容について、文章で覚えるのはいかにも非効率です。また、学校の先生が特別重要視している内容や発展として取り扱った内容は参考書には載っていません。

一般の参考書は、自分の勉強に対してよりそった内容ではないのです。

 

一方で、ノートまとめをする際には、市販の参考書がとても頼りになります

教科書に載っている内容が、項目ごとにまとめられている上に、理解を促すようなコラムまでついているからです。

参考書の説明を、自分が理解できるようにまとめ直し、「自分だけの参考書」にしていく。これも、ノートまとめのやり方の1つだと思います。

 

最後に、ノートまとめはやっておしまいのコレクションではありません。

参考書を買ってきても読まなければ勉強にならないことと同じように、ノートまとめもまとめた後に読み返さなければその価値は半減します。

それを参考書として何度も繰り返し読みこむことにより、ノートまとめはその真価を発揮するのです。

自分だけの「参考書」という以上、そのまとめたものを使って、復習をすることまでが一連の流れだと、私は考えています。

理系でも英語は必要?

 虹の風学修館の中学生一般クラスでは、「英語・社会・国語」と「数学・理科」の科目で授業日を分けています。塾内では文系の日、理系の日と呼ばれることもあります。


 高校の入学試験では、5教科の合計点数が評価されるので、文系と理系をはっきりと分けて意識する必要はあまりないと思いますが、高校へ進学すると、文系か理系のどちらに進むのか2年生の3学期までには決める必要があります。というのは、多くの高校では遅くとも3年時には文系と理系でクラスが分かれるからです。


 ところで、英語は文系の科目か理系の科目かどちらだと思いますか?・・・・・・もちろん文系の科目ですよね。語学ですから。
 しかし、理系に進んでも英語は重要な科目です。エンジニアや科学者やコンピューターの分野で活躍をする仕事に就くことを目指すのなら、英語ができることは必須ですし、理系出身者であっても英語の資格試験で一定のスコアが無ければ就職試験さえ受けさせてもらえない会社もあります。理系の仕事で英語と全く縁が無いもののほうが少ないくらいです。
 そういうわけで、中学生の時から英語をしっかり勉強しておいた方が、あとあと絶対に有利ですよ。


 虹の風学修館では外国人講師が授業に来てくれたり(http://nnk-to.doorblog.jp/archives/51362136.html)、ゲームを取り入れたりして(http://nnk-to.doorblog.jp/archives/50691968.html)、みんなで楽しみながら英語を勉強しています。

豊岡教室 横井

がんばるということ

こんにちは。
虹の風学修館の兵藤です。
今回は、テスト対策授業をする中で感じたことを書きました。

テストに向けてがんばる中学生たち。
20170619_195525

人ががんばるのは、目標を達成するため。
小さな目標・大きな目標。
小さな壁・大きな壁。

それらを乗り越えられた喜び。
それらを乗り越えられなかった悔しさ。
どちらも必要な経験である。

そういったことを感じることができるのは、真剣にがんばった人だけだ。

今、やるべきことに向き合い、がんばれる人を育てていきたい。

外国人との会話

こんにちは、文系担当の大石です。

先日は、外国人講師のユリアナが授業に来てくれました。
中学2年生ということで、Lesson1Cの「look」を使った英文についての内容でした。

Lesson1C
「It looks delicious!」(それはおいしそうです。)
「They look like one big family.」(彼らは大きな家族のように見えます。)

以上のように、「look」を使って、「~に見える」といった文章を作ることができます。
生徒たちはそれぞれ、英文を作ってユリアナに披露していました。
30分程度の時間でしたが、「He looks delicious!」といった文章を作って笑いを狙ったり、自分の作りたい英文を作るために知らない単語を調べたりと、普段の授業以上に楽しんでいる様子がうかがえました。


教科書の英文を日本語にすること、日本語を英語にすること、どちらもとても大切なことです。そして「外国人に英語が通じた」「外国人の言っていることが解かった」といったような経験は、英語を勉強する上で大切な成功体験になると思います。
しかし、現在の学校教育においては、英語の理解度はペーパーテストによって診断されています。これでは、英語は本来コミュニケーションに用いるための道具であるはずなのに、「実際に外国人と英会話をすることはできない」という残念な勉強になってしまうかもしれません。

今後、学校教育でも英会話を重視した学習に方針を転換していく予兆はあります。しかし、学校の方針転換を待つまでもなく、英語は道具であり、他人とのコミュニケーションこそ重要であると、ユリアナとの会話を通じて感じてもらいたいと思います。
そして何より、外国人や英会話に慣れて、英語を通して自由な会話を楽しめるようになってもらいたいと考えています。
ギャラリー
  • 理科実験教室が西中入試に!?
  • 12月理科実験教室
  • 12月理科実験教室
  • 12月理科実験教室
  • 「最古の科学」
  • 自動車運転トラブルに学ぶ
  • 「日本語」と「英語」
  • キモチのチカラ
豊岡教室アクセスマップ
所在地:磐田市下神増1132-1-102

より大きな地図で 【虹の風学修館】教室一覧 を表示
虹の風学修館HP 新着情報
  • ライブドアブログ