虹の風学修館 豊岡教室

幼児~中学生のための少人数制学習塾・虹の風学修館「豊岡教室」のブログです。
虹の風学修館HP(http://www.gakuki.co.jp/)
お問い合わせ先:053-412-1033(虹の風学修館直通ダイアル)

日々徒然

「最古の科学」

季節は晩秋に入り、めっきり寒くなりました。
寒さにめっぽう弱い私には厳しい季節がやってきました。

現在、豊岡教室の中学3年生は、理科の授業で「運動とエネルギー」を学んでいます。その後、「地球と宇宙」の単元に入ることになります。この2つの単元は大いに関連があります。

今から400年ほど前に存在したガリレオとニュートンという人物の名前は、教科書の「力」や「物体の運動」を扱う章では必ず目にします。自由落下の項では、ガリレオの物体の落下実験が紹介されています。また、ニュートンは力学の体系を確立した偉大な科学者で、力の大きさを表す単位の名にもなっています。
この2人は宇宙を研究する天文学者でもありました。

私個人としては、天文学は、その時代の極めて優秀な学者によって、最新の科学と最先端の観測装置を駆使し、私たち人類の足ではたどり着くことさえ不可能なはるか遠くの宇宙をも観測・研究する、素晴らしい学問だと思います。

ガリレオが地動説を主張する本を書いて、宗教裁判にかけられた話は有名です。当時は天動説こそが正しく、教会の教えに逆らう地動説はとうてい受け入れられませんでした。彼の唱える地動説は強制的に破棄されることになりましたが、「それでも地球は(太陽のまわりを)回っている」と言ったとされています。その後、ニュートンが万有引力の法則を発見して、地動説が正しいことを決定的なものにしました。(ちなみに、ガリレオの裁判の350年後の1992年に、ローマ教皇が、地動説を撤回させた裁判が間違いであったことを認め、公式に謝罪したそうです。)

このガリレオやニュートンの時代の遙か昔、5000年前にはエジプトでは約365日ごとにナイル川が規則的に氾濫(はんらん)することに気が付いていたと言われています。また同じ季節に、東の空からシリウス星が昇り始めることも知っていたそうです。この間に新月が12回あることから1年を12ヶ月とし、1ヶ月分を30日と等配分したために、残った5日分を最後の月に付け加えました。これを太陽暦と言い、現在私たちが使っているカレンダー(暦)の原型になったそうです。
つまり、日常私たちが用いている時間の区切り(一日、一月、一年)は、太陽や月の運動から得られたというわけです。

こうして、人々の生活に役立てようと暦や時間の区切りが作られたのですが、それは、教科書の「地球と宇宙」の章でも扱う、太陽や月の動き、惑星の運動、星の見える位置や時間など、大昔から行われてきた観測が基礎になっています。
このことから、天文学は「最古の科学」と言われています。そして、現代における最高の頭脳集団によって研究されている「最新の科学」でもあるわけです。

そう考えると、中学3年生の2学期から3学期にかけて学ぶ「運動とエネルギー」と「地球と宇宙」の単元は中学校理科の勉強の締めくくりにふさわしい魅力的な内容だと私は思います。

ところで、前述のシリウス星は(太陽を除けば)地球上から見える最も明るい恒星です。冬の大三角形を構成する星の中でも、ひときわ輝きをはなって見えます。

     グラフィックス2
         
シリウスとプロキオンとベテルギウスの3つの頂点を結んだ三角形が冬の大三角形


冒頭で、私には厳しい季節がやってきたと書きましたが、冬は一年でいちばん星がきれいに見えるシーズンで、冬の大三角形が楽しめるのは、まさにこれからの季節です。


豊岡教室 横井

自動車運転トラブルに学ぶ


こんにちは。
豊岡教室の高柳です。

最近話題になっている自動車運転に関するトラブルで、思うところが
あります。

まことに恥ずかしい話ですが、自分の体験談をお話しします。
次の交差点で曲がってしまうかもしれないのに、自分を強引に抜い
ていったクルマをむきになって追いかけようとしたことがあります。

たまたま同じ道を同じ時間に走っているだけなのに、愚かなことを
考えました。

交差点信号待ち

そもそも公道というのはその名のとおり『公(おおやけ)の道』なので、
様々な年齢の方が、
様々な目的で、
様々な車種で、
様々な目的地に向けて、
様々な時間に自動車を走らせています。

ですから、そういった環境を理解し、一人ひとりが相手を思いやる
気持ちが大切だと思うのです。


生徒たちを取り巻く学校においても同じではないのかと思います。
たまたま同じ学校に通っているけれど、同じクラスにはいるけれど、そ
れぞれが違う家庭環境に育ち、違う目的を持って学んでいるのだとす
れば、互いに思いやる気持ちが必要だし、比べたりすること自体に意味
があるのでしょうか・・・・・。



そのような視点で保護者のみなさん、私たち塾講師の共通の役割は何か、
を改めて考えてみました。


この話の続きはまた次の機会にしたいと思います。















『意識する。』のコントロール

こんにちは、高柳です。

今日は意識の持つ効果について考えてみようと思います。

自分の身の周りにいる特定の人のことが『やたらと気になってしようがない。』という経験はありませんか。

その人の「言うこと」や「すること」が気になってイライラする。
好きな人のことばかり考えてしまう、などなど。

車の運転をしていて、後から来たクルマに抜かれて、追っかけようとしたり、
男性のドライバーだったら、そんな経験もあるかもしれませんね。


たとえは少し違うかもしれませんが、私にはこんな不思議な経験があります。

故障した自分の車を修理に出したときのことです。
借りた『代車』で街に出ると、代車と同じ型の車が急に増えたかのように、
1日に何度もすれ違ったり見かけたりするのです。

どうしてでしょうか?決して同じ型の車が増えたわけではないですよね。(笑)

それは自分が乗っている車を意識しているからだと思うのです。

節電シール


この経験から私は、『意識する。』についてこんな風に考えるようになりました。

自分の意識していることを少し変えるだけで、今まで見えていなかったものが見えてきたり、逆にあえて意識しないようにするだけで、他のことに意識を集中することができて、自分のペースを取り戻すことができるのではないでしょうか。

気が散るようでしたら自分の視界に入れないように、逆に意識したいのならば目に入るようにしておくと良いということですね。

ということは目標や大切なこと、覚えたいことは紙に書いてあちこちに貼っておくに限る、ということでしょうか。







“とりあえず始めてみる”の効果

夏休みが終わって、半月以上が経ちました。学校では通常の授業が始まっていて、そろそろ小中学生の生活リズムも戻ってきたのではないでしょうか。授業に積極的に参加して、宿題を期限までに提出することはもちろん重要です。

しかし、学校の授業や(塾に通っているなら)塾での授業、出された宿題をこなすだけでは、学習時間が十分であるとは言えません。やはり家で勉強をする時間がどうしても必要でしょう。

 

ところが、家では、なかなか勉強モードに入れない人が多いのではないでしょうか。学校や塾では、開始時刻になればいやおうなしに授業が始まります。一方、家では自主的に勉強をしなければ、学習時間は確保できません。でも家は、実に誘惑が多い環境です。テレビやゲーム、スマートフォン、マンガ、ネットサーフィン・・・etc. こういった誘惑に毎回毎回打ち勝って、学習時間を確保することは難しいと思います。
 私自身も偉そうなことは言えず、資格試験(知財技能士)に申し込んだにもかかわらず、こういった誘惑に毎回毎回打ち負けて、試験直前までぜんぜん勉強に身が入らなかったという経験があります。


 

そこでオススメしたいのは、ひとまず誘惑する物を遠ざけて、「とりあえず机に向かって勉強を始めてみる」ということです。なんともばかばかしい提案に思えるかもしれませんが、これは意外に効果があります。
とにかくテキストや教科書を開いて勉強を始めてしまえば、やる気になってがんばれる場合が多いのです。

たいして興味が無かった小説(やマンガ)でも、とりあえず数ページ読んでみたら、一気に最後まで読み終えてしまったという経験は無いですか?

そういう作用を心理学の分野では「作業興奮」と呼ぶそうです。

私は心理学のことは全く分かりませんが、前述の資格試験に関しては、ギリギリになって「とにかくテキストを開いて3分だけ勉強してみよう。」という作戦で気分をのせて、最終的にはなんとか合格しました。
さすがに入学試験のような大きな試験では、試験直前になってやっていたのでは間に合わないと思いますが。

とりあえず始めてみる



 虹の風学修館の中学生一般クラスでは、日頃から
塾生自身に学習計画表を書いてもらって、計画的に勉強を進めるようにアドバイスしています。

また、学校によっては、定期テストの二週間前くらいからテスト勉強計画表のような用紙を配っているところもあります。

とりあえず、その紙を見るところから始めてみるのもいいかもしれません。


 

 今度、どうにも気分が乗らないなあというときに、
まずは“とりあえず始めてみる”をやってみてはいかがですか。

それでも気分が乗らないようなら、いったんやめればよいのですから、試してみて損は無いと思います。


豊岡教室 横井

理系でも英語は必要?

 虹の風学修館の中学生一般クラスでは、「英語・社会・国語」と「数学・理科」の科目で授業日を分けています。塾内では文系の日、理系の日と呼ばれることもあります。


 高校の入学試験では、5教科の合計点数が評価されるので、文系と理系をはっきりと分けて意識する必要はあまりないと思いますが、高校へ進学すると、文系か理系のどちらに進むのか2年生の3学期までには決める必要があります。というのは、多くの高校では遅くとも3年時には文系と理系でクラスが分かれるからです。


 ところで、英語は文系の科目か理系の科目かどちらだと思いますか?・・・・・・もちろん文系の科目ですよね。語学ですから。
 しかし、理系に進んでも英語は重要な科目です。エンジニアや科学者やコンピューターの分野で活躍をする仕事に就くことを目指すのなら、英語ができることは必須ですし、理系出身者であっても英語の資格試験で一定のスコアが無ければ就職試験さえ受けさせてもらえない会社もあります。理系の仕事で英語と全く縁が無いもののほうが少ないくらいです。
 そういうわけで、中学生の時から英語をしっかり勉強しておいた方が、あとあと絶対に有利ですよ。


 虹の風学修館では外国人講師が授業に来てくれたり(http://nnk-to.doorblog.jp/archives/51362136.html)、ゲームを取り入れたりして(http://nnk-to.doorblog.jp/archives/50691968.html)、みんなで楽しみながら英語を勉強しています。

豊岡教室 横井

がんばるということ

こんにちは。
虹の風学修館の兵藤です。
今回は、テスト対策授業をする中で感じたことを書きました。

テストに向けてがんばる中学生たち。
20170619_195525

人ががんばるのは、目標を達成するため。
小さな目標・大きな目標。
小さな壁・大きな壁。

それらを乗り越えられた喜び。
それらを乗り越えられなかった悔しさ。
どちらも必要な経験である。

そういったことを感じることができるのは、真剣にがんばった人だけだ。

今、やるべきことに向き合い、がんばれる人を育てていきたい。

ツバメに学ぶ

 
ゴールデンウィークから6月初めのころが、1年を通して
私が一番好きな時期です。

紫外線が強いのは気をつけたいですが、風も心地よく、あちこちで
ツバメが巣をつくりはじめ、子育てをする季節でもあります。


つばめ

下神増に豊岡教室を開いて5年目になります。

教室の入り口には古いツバメの巣が2つありますが、今は使われていません。
その代り、3年前から入り口のドア付近に新しく巣をつくりはじめました。

今年のツバメは孫の代でしょうか。

巣作りを3年間見ていて気がついたのですが、ツバメは毎年少しずつ巣を大きくして
います。

はじめから完成したものを狙うではなく、ちょっとずつできる範囲で実行する。
ツバメはきっとできることとできないことを知ってるのですね。

そのことをしっかり次の代に繋げていくことの不思議さと計画性に驚いたわけです。


 


豊岡教室 理数科目担当 たかやなぎ






イオン

豊岡教室の3年生はもうすぐ中間テストを迎えます。理科の試験範囲には「イオン」が含まれています。この「イオン」は、かつてのゆとり教育で教科書から姿を消していたこともあり、現在では多くの中学生が難しいと感じているようです。

先日の授業で、塩化ナトリウムNaCl(食塩)は陽イオンであるナトリウムイオン(Na+)と、塩化物イオン(Cl-)からできていて、この2つのイオンが電気の力で引き合っていて、結晶をつくっている話をしました。

 

講師:「この前の実験で、塩化ナトリウムを水に溶かしたときに電流は流れたかな?」


塾生:「うん、食塩は流れた。」


講師:「こういう物質をなんて言ったかな?」


塾生:「電解質。」


正しく答えてくれたので、ほっとしました。

 

講師:「ところで、水に溶けた時点ですでに分かれたイオンの状態になっていて、電流を流さなくてもナトリウムイオンと塩化物イオンは水中で引き離されて存在しているからね。」

と私が教科書的な発言をした後に、ふと疑問に思ったことがありました。

『なんで水に入れただけで電離(イオンに分かれる)するんだろう?』ということです。
お互いプラスとマイナスで引き合う力で強く結びついている(イオン結合)のに、電気的に中性であるはずの水H2Oに入れてこの結びつきを引き剥がせることが不思議に思えたのです。

 ちょっと自分で考えてみたのですが、分かりそうになかったので、手当たり次第に文献に当たってみたところ、答えが見つかりました。

(※少し説明が長くなりますので、興味がある方は最後に載せたので、ご覧ください)

 

この時は、塾生に教えているつもりが、講師自身の勉強になってしまいました。

虹の風学修館では、塾生同士が学び合う授業をしています。
塾生が疑問に感じたことや分かったことを他の人に伝えたり、人の意見に耳を傾けたりすることで、理解が深まり、同時に「学ぶ楽しさ」を知ることができると我々は考えています。

 また、今回のように、講師が授業内で疑問に思って自ら勉強することもあります。
とくに理科や社会の分野では、こういった機会が多くなるのではないでしょうか。
さらに、塾生の質問にその場で答えられなくて、一度持ち帰らせてもらったり、時には塾生から勉強に限らずいろいろなことを教えられたりすることもあります。

学ぶことって、本当に楽しいと思います。

 

豊岡教室 横井


 

※〈水分子による塩化ナトリウムの電離〉

 水分子のモデルをご覧になったことがあるでしょうか。
1つの酸素原子に水素原子が2つ折れ曲がってくっついた形をしています。
つまり3つの原子が直線ではなく、ある角度を持ってつながっていて、水分子には電気のかたよりがあります(高校ではこの電気のかたよりを「極性」と習います)。

よって、塩化ナトリウムを水に入れると、結晶の表面のNa+は、水分子のマイナスに帯電した部分に取り囲まれ、結晶から引き離されます。
また、Cl-は水分子のプラスに帯電した部分に取り囲まれ、やはり結晶から引き離されます。

こうして塩化ナトリウムの結晶は、ナトリウムイオンと塩化物イオンとが水分子によって引き剥がされて、互いにくっついていられない状態になります。
すなわち、電離します。

中学2年生


こんにちは。

今年度から豊岡教室中2Pクラスを担当することになりました『兵藤』です。
thumbnail_DSC_0002
 

楽しく勉強できる授業を目指して取り組んでいきます。

よろしくお願いいたします。

 

さて、今回は『中学2年生』という1年間はどのような1年か、について考えてみたいと思います。

 

中学2年生ともなれば中学校にも慣れて中だるみといわれる時期です。

そういわれるには様々な要因が考えられます。

 

第1に、学校に慣れてくることで、手を抜いていいところが分かってくることが挙げられます。ある先生はコワイからしっかりやらなくてはいけない、また、ある先生は宿題をやらなくても何も言わないからやらなくてもいい、などなど…。

いろいろなことが分かってくることにより、楽な選択肢が増えていってしまうこともあるでしょう。(ある意味成長なのかもしれませんが)

 

第2に、勉強以外の楽しいこと、異性への興味が高まる歳でもあります。これに関してはかっこいいところ見せたいからと、いい方向に向かうこともたまにあるのですが、携帯が普及した現代では家にいるときのかなりの時間を使ってしまうのは当然のことと言わざるを得ないと思います。

 

第3に、部活動です。7月で3年生が引退し、部活動の中では中心となる学年になります。一部の中学生にとっては部活動が優先順位1番目にくることも多いと思います。自分たちの代でなんとかいい成績を残そうと思い、そこに多くの時間を費やすこともよく理解できます。

 

ぱっと思いついたことを簡単にあげてみましたが、いろいろ勉強面でつまづくポイントがありますね。

 

この1年を上手に過ごすことが高校受験につながる大切なことです。

では、上手に過ごすには何が必要か。
…それは、結局のところ、本人の意志に他なりません。
中学生本人が勉強にも、部活動にも、恋愛にも、一生懸命取り組んでいく気持ちを持つことが大切です。 

 

わたしたち講師は、中学生ががんばれる環境を整えることしかできません。(スケジュール管理、メンタルのケア、もちろん勉強面など)
彼らが精いっぱい中学校生活を送れるように力を尽くしていきたいと思います。

『本読み』 (音読の大切さ)

こんにちは、豊岡教室の丹所です。

今日は、本読み』についてお話します。

皆さんは、学校の宿題で本読みをしたことがあるでしょうか?

私はあります。内容としては、国語の教科書を読み、親などにそれを聞いてもらうというものでした。
ただ教科書の内容を読んで、聞いてもらうだけなので、当時は簡単な宿題だな、というイメージしかありませんでした。

しかし、今になってみると、この本読みはとても大事な勉強だったと感じています。

学校の授業は教科書を中心に行われます。
教科書を読むというだけですが、本読みを行うことで、今日やったことのおさらいや、次にやる内容を知ることができ予習や復習につながります

また、声に出して読み、耳で聞くことで、内容を整理することができ、より深く理解することができます。


虹の風学修館の授業の中でも、学年や文系理系を問わず、教科書を読むということを行っています。 

12キャプチャ

小学生の国語では、最初に教科書の本文を読んでから内容に入ります。
算数でも問題文を声に出して読みます。

中学生になっても問題文をきちんと読むことはとても重要です。
数学では、問題が解けない場合、その理由の一つには問題文の内容を理解できていないということがあげられます。
そのため、問題を丁寧に読むということが大事になります。

理科や社会でも、本文を読むことで、どのような内容かを掴むことができ、その後に内容をまとめることも、スムーズに行うことができます。

英語でも声に出して読むということはとても大事です。
発音を理解して単語が読めるようになると、どのアルファベットが使われているのか
分かるようになります。

ですから、英単語を聞いただけでつづりがわかり、自然と単語が書けるようになります。

耳で覚えることで、さらに知識が定着すると考えています。


簡単にできる、とても大事な勉強。それが『本読み』だと思います。
 
ギャラリー
  • 理科実験教室が西中入試に!?
  • 12月理科実験教室
  • 12月理科実験教室
  • 12月理科実験教室
  • 「最古の科学」
  • 自動車運転トラブルに学ぶ
  • 「日本語」と「英語」
  • キモチのチカラ
豊岡教室アクセスマップ
所在地:磐田市下神増1132-1-102

より大きな地図で 【虹の風学修館】教室一覧 を表示
虹の風学修館HP 新着情報
  • ライブドアブログ